寝るだけで痩せる事は可能?

寝るだけで痩せる事は可能?

寝るだけで痩せることは期待できることです。寝るだけと言っても正しく寝ることが痩せることにつながるということで、睡眠中は脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌眠ることで1日300kcalは脂肪を消費することが可能になります。

寝不足の場合、寝ている時に消費される脂肪は90kcalになり、しっかり寝ることは1日210kcal、1ヶ月で考えると6300kcalの脂肪を分解されることになります。寝ているだけで痩せるには成長ホルモンをきちんと分泌されることが大切です。

成長ホルモンが分泌されるのは深い眠り時で、眠りについてから3時間と、もともとの眠気リズムが強くなる3時前後なので、夜中の3時までには寝るようにします。

他にも睡眠時間は7時間、タンパク質をバランス良く摂る、寝る前に激しい運動はしない、就寝1時間前に入浴して深部体温を下げたり、睡眠リズムを整えるためにも休日は朝10時までには起きるようにします。

睡眠ダイエットのやり方

睡眠ダイエットのやり方

睡眠はダイエットと深い関わりがあり、良質な睡眠を取るだけで痩せやすい体へと導きます。

良質な眠りを得るとホルモンバランスが整い痩せやすい体質になる事ができ、反対に不規則な生活が続き十分な睡眠が取れていない場合にはホルモンバランスが乱れてしまい肌荒れや冷えなどが起こり太りやすく痩せにくい体質へと変わってしまいます。

良質な睡眠でダイエットするやり方には筋肉を増やして体脂肪を減らしてくれる成長ホルモンが盛んに分泌される22時から3時のゴールデンタイムの間に深い眠りにつく事が大切でダイエットだけではなく美容面でも効果的となっています。

その他にも睡眠時間を7時間は確保し起床時間を一定にしたり5分から30分までの昼寝を取り入れる事が効果的となっています。

睡眠と肥満の関係性

睡眠と肥満の関係性

睡眠と肥満には実は関係性があります。食欲はホルモンが影響しており、食欲が増すホルモンをグレリン。満腹感を得られるホルモンをレプチンと言います。

睡眠時間が少ない人ほどこの満腹感を得られるレプチンというホルモンが少なくなってしまうのです。さらにグレリンが増え結果として普段よりも食べ過ぎ、肥満へつながってしまうのです。

さらに睡眠不足からグレリンの血中濃度も高くなる研究結果も出ています。睡眠不足からホルモンバランスが崩れ肥満へつながる、肥満の関係性は切っても切れない物なのです。

夜更かしは避け、12時から翌朝6時の間に寝ることも大切です。まずはきちんと睡眠をとりホルモンのバランスを整え肥満を防ぐ体質にしていきましょう。